玉砂利を置いていけば空き巣犯も尻尾を巻く

防犯対策に

石

専用のものを

一戸建ての場合、マンションに比べてより入念なセキュリティが対策が必要です。防犯の為に玉砂利を検討される方も多いですが、玉砂利なら何でもいいというわけではありません。防犯用に玉砂利を検討するなら、専用のものを購入しましょう。防犯用の玉砂利は、見た目は普通の石に見えますが、ガラスで出来ているものが多いです。ガラスを軽石状に加工することで、通常の玉砂利に比べてとても軽くなっています。また、玉砂利同士がこすれると高い音が出るので、防犯性が高いです。形や色は様々で、お家や庭の雰囲気に合わせて選ぶことで、景観も良くなります。防犯用の玉砂利は、インターネット通販などで手に入りますが、敷く面積によってはかなり大量に必要です。また、庭にそのまま敷き詰めるのではなく、事前に除草処理をしなければなりません。除草した後に除草シートを敷き、その上に玉砂利を3センチ以上の厚みで敷き詰めます。人が歩くと石が動きますので、多めに敷き詰めます。防犯性を高めようと、家の周りに全部敷き詰めたくなりますが、生活動線にすべて敷いてしまうと、日常生活の際にも不便になってしまいます。玄関の周りや、窓の下、隣家との通路など、場所を選んで敷くようにしましょう。防犯用の玉砂利は、掃除機レベルの大きい音がするので注意しましょう。玉砂利の施工は業者にも依頼できます。砂利の種類や、施工面積によっても差がありますので、事前に見積もりをとりましょう。